JavaScriptのfunctionの書き方・引数・呼び出し方法

JavaScriptのfunctionの書き方・引数・呼び出し方法

JavaScriptのfunctionを使った、関数の書き方、呼び出し方法、引数付きで呼び出す方法

jQuery関連記事

関連記事をもっとみる

関数宣言でfunctionを書く

JavaScript

function getUrl() {
    console.log(window.location.href);
}

getUrlという関数名を付けて関数宣言をします。{}内にその関数が行う処理を定義して行きます。

関数リテラル(無名関数)でfunctionを書く

JavaScript

var getUrl = function() {
    console.log(window.location.href);
}

getUrlという変数に式を代入する形式でfunctionを書きます。

functionを呼び出す

JavaScript

getUrl();

呼び出す方法は簡単。上の2つのfunctionどちらでも呼び出す方法は同じで、この場合、getUrl();と書くだけで処理が実行できます。
何度も同じ処理を行えるのでまた使いたい場面が来てもgetUrl();と書くだけで処理が実行できます。

引数とは?

引数(ひきすう)とは、function内に値を渡す値のことで、その値を使って処理させることができます。
引数で処理を分けたりできて、とっても便利です!

関数宣言でfunctionを引数付きで呼び出す

JavaScript

function getUrl(text1,text2) {
    console.log(text1 + window.location.href + text2);
}
getUrl("このページのURLは","です。");

引数をつけて呼び出す事もできます。
関数宣言の時に使用する引数を指定すると、処理の中その引数を使うことができます。
関数に渡す引数は呼び出しの際に指定するとその値がわたります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました